スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
エンドレスタワーに挑戦 第3回 『ねんがんの』

――アルベルタの船乗りたちはこう語る。
霧が深く、未だに謎に包まれた海路がある、と。

人々は霧に包まれた航路の先に何があるのか、想像を巡らせていた。
様々な仮説も飛び出したが、結局は出所不明な噂ばかり。
誰も実際に確認することはできなかった。

――ある日、まるで元から存在しなかったかのように霧がなくなった。
魔王モロクの復活によって天変地異が起き、その影響で
霧が消滅したとも言われているが、真相は不明である。
しかし人々に重要なのはその理由などではなかった。
新たな海路が開いた……ただそれが重要であった。

好奇心溢れる船乗り達は、こぞって未知の海域に船を繰り出した。
船を走らせて間もなく、巨大な塔を発見する事ができた。
一見、何もない平凡な島に見えるが、島の中央にある塔は
頂上が見えぬほど、天高く伸びている。

霧によって隠されていた、謎の海域に何があるのかが、ついに明らかになったのだ。
しかし今度は塔と言う新たな謎が生まれ、
その謎を解くという目的が生まれたのだ。

いつ、誰が、どのような目的でこの塔を建てたのか?

未知の海域に詳しい船乗リヤンセンに導かれ、
今日も冒険者は塔に挑む……

[エンドレスタワーに挑戦 第3回 『ねんがんの』]の続きを読む
スポンサーサイト
エンドレスタワーに挑戦 第2回 『爆裂怖い。』

――アルベルタの船乗りたちはこう語る。
霧が深く、未だに謎に包まれた海路がある、と。

人々は霧に包まれた航路の先に何があるのか、想像を巡らせていた。
様々な仮説も飛び出したが、結局は出所不明な噂ばかり。
誰も実際に確認することはできなかった。

――ある日、まるで元から存在しなかったかのように霧がなくなった。
魔王モロクの復活によって天変地異が起き、その影響で
霧が消滅したとも言われているが、真相は不明である。
しかし人々に重要なのはその理由などではなかった。
新たな海路が開いた……ただそれが重要であった。

好奇心溢れる船乗り達は、こぞって未知の海域に船を繰り出した。
船を走らせて間もなく、巨大な塔

2010021501.jpg

『ながーーーーーーいっ!!』

エンドレスタワーに挑戦 第1回 『やっぱりか…』

――アルベルタの船乗りたちはこう語る。
霧が深く、未だに謎に包まれた海路がある、と。

人々は霧に包まれた航路の先に何があるのか、想像を巡らせていた。
様々な仮説も飛び出したが、結局は出所不明な噂ばかり。
誰も実際に確認することはできなかった。

――ある日、まるで元から存在しなかったかのように霧がなくなった。
魔王モロクの復活によって天変地異が起き、その影響で
霧が消滅したとも言われているが、真相は不明である。
しかし人々に重要なのはその理由などではなかった。
新たな海路が開いた……ただそれが重要であった。

好奇心溢れる船乗り達は、こぞって未知の海域に船を繰り出した。
船を走らせて間もなく、巨大な塔を発見する事ができた。
一見、何もない平凡な島に見えるが、島の中央にある塔は
頂上が見えぬほど、天高く伸びている。

霧によって隠されていた、謎の海域に何があるのかが、ついに明らかになったのだ。
しかし今度は塔と言う新たな謎が生まれ、
その謎を解くという目的が生まれたのだ。

いつ、誰が、どのような目的でこの塔を建てたのか?

未知の海域に詳しい船乗リヤンセンに導かれ、
今日も冒険者は塔に挑む……

(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. 当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。